00_toptitle_01.jpg

01_title_01.gif

2018年04月02日

乳腺外科医 島田和生先生の乳がん講演

IMG_1932

 

3月24日に北九州市医師会の主催で開催された市民健康セミナーに参加してきました。

講師は島田乳腺クリニック院長の島田先生です。

「乳がんの気になる最近の話題」との事で、検診から遺伝性乳がんまでの内容を話されていました。
特に検診に関する内容に力を入れられていました。

乳がん検診では主にマンモグラフィーとエコー(超音波)による検査が用いられますが、それぞれ得意な点・苦手な点が違うとの事でした。

対策型検診で現在認められているのはマンモグラフィ検査だけですが、日本人の40歳以上の女性の約40%が高濃度乳房で、高濃度乳房の場合はマンモグラフィが白く映り異常が判別しづらく正常と判定されても100%大丈夫というわけではないそうです。

マンモは森全体を観察できる

エコーは細かく観察できる

「あれっ?」と思ったら悩むよりもまず病院を受診し、気になることは医師にしっかり相談することが基本です。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:福岡県北九州市小倉北区馬借3-4-7
FORZA馬借203
TEL:093-777-8222
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…