00_toptitle_01.jpg

01_title_01.gif

2019年05月27日

遺伝性乳がんの遺伝と診断方法

3684480C-A959-480F-9A92-F0CE36736F7B

前回、遺伝性乳がんについてお話しましたが、今回はその続きです。

がんに関わる遺伝子の病的な変異は、性別を問わず子どもへ2分の1(50%)の確率で受け継がれます。
この遺伝子の変異が男性に伝わった場合は、その男性が乳がんになる確率は低くても、持っている遺伝子変異はその子どもに50%の確率で伝わります。
ただし、遺伝子に病的な変異があっても必ず乳がんや卵巣がんになるわけではありません。

HBOCの診断

乳がんになるリスクが高いとされる「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」の診断には遺伝学的検査が必要となります。
日本では、2018年4月に「マルチプレックス遺伝子パネル検査」が「先進医療」として承認されました。

ただし、検査を受けるには条件があります。

1. 年齢が16歳以上
2. 全身状態が良好
3. 病理学的診断によって悪性固形腫瘍(固形がん)と診断されている
4. 手術による治療が難しい、または再発の病変がある(1)または(2)の患者さん
(1) 標準治療がない、標準治療が終了している、もしくは終了が見込まれる固形がん
(2) 原発部位がわからないがん(原発不明がん)

そのため、未だがんを発症していない方は今のところ診断を受ける事ができません。
また、先進医療は公的医療保険の対象とならないため、必要な費用は全額が自己負担となります。
加入している民間の医療保険の内容によっては対象となる場合もありますので契約内容をよくご確認ください。

 

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年05月20日

遺伝性乳がんについて

5484C24D-16FA-493A-BF6D-D7F871FF0BA9

 

乳がんの患者数は年々増加傾向にあります。
そのうち、約7%~10%は遺伝的な要因が関わっている「遺伝性乳がん」と考えられています。
中でも、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」と呼ばれる遺伝性乳がんは多くの割合を占めているとされています。

HBOCの特徴

HBOCは、乳がんだけでなく、将来的に卵巣がんを発症するリスクが高まるとされています。
また、男性も乳がんになりやすくなるといわれています。

・乳がんと卵巣がんの両方を発症しやすい
・若い年齢から乳がんを発症しやすい
・両方の乳房にがんを発症しやすい
・片方の乳房でも複数回の乳がんを発症しやすい
・男性で乳がんを発症しやすい
・家系内に乳がん、卵巣がん、膵臓がん、前立腺がんになりやすい

がん発症リスク

BRCA遺伝子には2つの種類があり、BRCA1とBRCA2があります。
ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーさんは、BRCA1遺伝子に変異(異常)が見つかったため乳房切除していましたが、のちに卵巣及び卵管も切除しました。
色々と賛否両論の意見がありますが、BRCA遺伝子に変異があると乳がんや卵巣がんの発がんリスクが下記の通り高くなります。

乳がんにかかるリスク
一般的な日本人 →生涯で9%
BRCA1遺伝子変異 →70歳までに57%
BRCA2遺伝子変異 →70歳までに49%

このように、遺伝性乳がんの場合、乳がんにかかるリスクがかなり高まります。
家系的にがんが多いと思われる方は特に注意して、定期的な検診を受けることが必要だと考えられます。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年04月30日

乳がんの予防法

55326792-2EBB-4EF2-880B-5BC83F1236FC

残念ながら乳がんを有効な予防法はありません。
ただし、がんになりやすくなる生活習慣を避けることでリスクを減らすことはできます。

・脂肪の多い食事を避ける
・お酒の飲みすぎは避ける
・たばこを吸わない(受動喫煙も避ける)

そして乳がんは早期発見すれば治る可能性が高い病気です。
定期的な乳がん検診を忘れないようにしましょう。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年04月23日

乳がん治療中に食欲がない・吐き気がする場合

image1

 

乳がんの治療中、薬物療法や放射線治療に伴い食欲がなくなることがあります。
この場合、副作用の強い時期を過ぎれば食べられるようになることがほとんどです。
状態に合わせて消化しやすい食事を心がけたり、食べたいと思った時にすぐに食べられるよう好きなものを手元に置いておきましょう。
味付けは好みにあわせて少し濃いめにしたり、おにぎりを一口大にするなどして少量でも食べやすくする工夫をしてみると良いでしょう。

また、吐き気や嘔吐の症状が出る場合は、味やにおい、見た目などが誘因になることがありますので不快に思ったものを避け刺激やにおいが少ないものを選びましょう。
吐き気や嘔吐の原因によっては食べない方が良い場合もありますので、担当医に相談してください。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年04月16日

乳がん患者の会・バスハイク

4月13日に北九州市立医療センターで毎月例会をしている、乳がん患者の会「あすかの会」主催のバスハイクへ参加してきました!

毎年恒例のバスハイクですが、今年は山口県の湯田温泉にある「梅乃屋」さんへ行ってきました。
晴天にも恵まれ、大型バスに満席の参加者と和気あいあいとして楽しい1日をみんなで過ごしてきました。
料理も美味しく、普段なかなか温泉には入りにくい皆さんも貸し切りの温泉に入れて喜ばれていました。

周りになかなか理解されない悩みも、同じ悩みを持つ仲間と過ごすことで気持ちは楽になるものです。
乳がんでお悩みの方はルピエへ一度ご相談ください。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

乳がんやウィッグなどの用品についての情報を発信しています

がんや乳がんの方へ、ウィッグ・専用下着などの情報を北九州よりお贈りしています。
また、乳がんに関する相談事例やウィッグ等のケア用品をご紹介させていただきますので、北九州の近辺にお住いの方で無い方で直接にお会いする事が難しい方であっても、情報発信という手段でサポート出来れば幸いです。