00_toptitle_01.jpg

01_title_01.gif

2019年09月09日

お客様の声いただきました

IMG_7765

先日お越しいただいたお客様からありがたいことにお客様の声を頂きました!

10年前にステージ4の乳がんと診断され、全摘出で手術された方です。
今回ちょうどブレストフォームが合うサイズのものがあり、ご購入いただきましたが
非常に明るい方でこちらも元気をもらえました。

K様、ありがとうございました。
是非またのお越しをお待ちしております(^^)

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年07月30日

おっぱいフェスタ2019

IMG_2900

7月13日、日本メディケアリンパ協会主催で北九州市立男女共同参画センター ムーブにて開催された
「おっぱいフェスタ2019」に参加してきました。

講師:北村薫 医学博士

医療法人貝塚病院の乳腺外科 部長
カリフォルニア州立大学SD 形成外科客員教授
一般社団法人 日本リンパ浮腫学会の理事長

乳がんの治療では切除と乳房再建が主ですが、北村先生は性同一性障害の治療のために乳房の切除や乳房の形成まで行われているとの事でした。
性同一性障害の方の治療では人によりおっぱいを切除して喜ばれる、つけて喜ばれることもあるそうです。
乳がんだけではなく性同一性障害の方たちにも、乳房の手術の必要性が広がっていることに驚きました。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年05月27日

遺伝性乳がんの遺伝と診断方法

3684480C-A959-480F-9A92-F0CE36736F7B

前回、遺伝性乳がんについてお話しましたが、今回はその続きです。

がんに関わる遺伝子の病的な変異は、性別を問わず子どもへ2分の1(50%)の確率で受け継がれます。
この遺伝子の変異が男性に伝わった場合は、その男性が乳がんになる確率は低くても、持っている遺伝子変異はその子どもに50%の確率で伝わります。
ただし、遺伝子に病的な変異があっても必ず乳がんや卵巣がんになるわけではありません。

HBOCの診断

乳がんになるリスクが高いとされる「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」の診断には遺伝学的検査が必要となります。
日本では、2018年4月に「マルチプレックス遺伝子パネル検査」が「先進医療」として承認されました。

ただし、検査を受けるには条件があります。

1. 年齢が16歳以上
2. 全身状態が良好
3. 病理学的診断によって悪性固形腫瘍(固形がん)と診断されている
4. 手術による治療が難しい、または再発の病変がある(1)または(2)の患者さん
(1) 標準治療がない、標準治療が終了している、もしくは終了が見込まれる固形がん
(2) 原発部位がわからないがん(原発不明がん)

そのため、未だがんを発症していない方は今のところ診断を受ける事ができません。
また、先進医療は公的医療保険の対象とならないため、必要な費用は全額が自己負担となります。
加入している民間の医療保険の内容によっては対象となる場合もありますので契約内容をよくご確認ください。

 

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年05月20日

遺伝性乳がんについて

5484C24D-16FA-493A-BF6D-D7F871FF0BA9

 

乳がんの患者数は年々増加傾向にあります。
そのうち、約7%~10%は遺伝的な要因が関わっている「遺伝性乳がん」と考えられています。
中でも、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」と呼ばれる遺伝性乳がんは多くの割合を占めているとされています。

HBOCの特徴

HBOCは、乳がんだけでなく、将来的に卵巣がんを発症するリスクが高まるとされています。
また、男性も乳がんになりやすくなるといわれています。

・乳がんと卵巣がんの両方を発症しやすい
・若い年齢から乳がんを発症しやすい
・両方の乳房にがんを発症しやすい
・片方の乳房でも複数回の乳がんを発症しやすい
・男性で乳がんを発症しやすい
・家系内に乳がん、卵巣がん、膵臓がん、前立腺がんになりやすい

がん発症リスク

BRCA遺伝子には2つの種類があり、BRCA1とBRCA2があります。
ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーさんは、BRCA1遺伝子に変異(異常)が見つかったため乳房切除していましたが、のちに卵巣及び卵管も切除しました。
色々と賛否両論の意見がありますが、BRCA遺伝子に変異があると乳がんや卵巣がんの発がんリスクが下記の通り高くなります。

乳がんにかかるリスク
一般的な日本人 →生涯で9%
BRCA1遺伝子変異 →70歳までに57%
BRCA2遺伝子変異 →70歳までに49%

このように、遺伝性乳がんの場合、乳がんにかかるリスクがかなり高まります。
家系的にがんが多いと思われる方は特に注意して、定期的な検診を受けることが必要だと考えられます。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年04月30日

乳がんの予防法

55326792-2EBB-4EF2-880B-5BC83F1236FC

残念ながら乳がんを有効な予防法はありません。
ただし、がんになりやすくなる生活習慣を避けることでリスクを減らすことはできます。

・脂肪の多い食事を避ける
・お酒の飲みすぎは避ける
・たばこを吸わない(受動喫煙も避ける)

そして乳がんは早期発見すれば治る可能性が高い病気です。
定期的な乳がん検診を忘れないようにしましょう。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

乳がんやウィッグなどの用品についての情報を発信しています

がんや乳がんの方へ、ウィッグ・専用下着などの情報を北九州よりお贈りしています。
また、乳がんに関する相談事例やウィッグ等のケア用品をご紹介させていただきますので、北九州の近辺にお住いの方で無い方で直接にお会いする事が難しい方であっても、情報発信という手段でサポート出来れば幸いです。