00_toptitle_01.jpg

01_title_01.gif

2017年02月11日

乳がん自己検診で異常があったら

~自己検診でこんな症状があったら・・・~

■小石のような硬い感触(しこり)がある
■月経前でもないのに胸に痛みがある
■乳頭から血の混じった分泌物が出る
■乳頭がただれている
■乳頭にくぼみがある
■オレンジの皮のように皮膚の毛穴が目立つ
■わきの下のリンパ節にしこりがある

乳がんの代表的な症状があったら、放っておかず、すぐに病院を受診しましょう。
万が一、しこりを発見したら一人で悩まず外科または乳腺外科受診しましょう

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:福岡県北九州市小倉北区馬借3-4-7
FORZA馬借203
TEL:093-777-8222
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2017年02月10日

乳がん自己検診の方法 4

ステップ3
わきと乳頭を触ります

□指3~4本の腹でわきを触り、リンパ節を調べます
□左右の乳頭を軽くつまみ、乳をしぼりだすように触り分泌物がないかどうか調べます

~自己検診のポイント~

□しこりを探そうとするより乳房やわきの下に普段と違う点がないかどうかを調べましょう
□自己検診を習慣化することで日頃の変化をより細かくキャッチできるようになる→早期発見に繋がります

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:福岡県北九州市小倉北区馬借3-4-7
FORZA馬借203
TEL:093-777-8222
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2017年02月09日

乳がん自己検診の方法 3

ステップ2
左右の乳房をまんべんなく触ります

FullSizeRender2

 

□右側の乳房は左手で、左側の乳房は右手で触りましょう
□3~4本の指をそろえて、指の腹で触りましょう
□乳房全体を調べる時は、指を10円玉台の「の」の字を書くように動かしましょう
□鎖骨のあたりや脇の下も触りましょう
□実際に手で触って見つけられるしこりは2cm前後といわれていますが、普段から触り慣れていたら1cmのしこりを感じとることができた方もいます

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:福岡県北九州市小倉北区馬借3-4-7
FORZA馬借203
TEL:093-777-8222
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2017年02月08日

乳がん自己検診の方法 2

■ステップ1
鏡の前で自分の乳房を見ます

FullSizeRender

 

□左右の乳房の大きさや形をチェック
□皮膚の色はどうですか
□赤く腫れたり、皮膚が毛穴が目立ったりしていませんか
□皮膚のくぼみはありませんか
□乳首が陥没していませんか
□乳首をつまんで分泌物はありませんか
□腕を上げたり、下げたりした状態で乳房の変化をみましょう

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:福岡県北九州市小倉北区馬借3-4-7
FORZA馬借203
TEL:093-777-8222
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2017年02月07日

乳がん自己検診の方法 1

~乳がん自己検診の大切さ~

乳がん検診を年1回など欠かさず受けていても、ある年突然乳がんが発見される事が多くなっています。この期間に発見することが出来れば早期治療で治る可能性は格段に上がります。

■乳がん自己検診法■

「見る」「触る」「つまむ」が基本です

1.自己検診の時期

□月経が定期的にある人・・・月経開始後1週間~10日後
□月経がない人・・・毎月同じ日を決めて行う
ただし、それほど時期は厳密にこだわる必要はないのでなるべく定期的に行える日を決めて欠かさず行いましょう

2.自己検診に適切な状態

□入浴時などに裸で行いましょう
□石鹸などをつけて手が滑りやすい状態だとやりやすくなります

次回は具体的なやり方です。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:福岡県北九州市小倉北区馬借3-4-7
FORZA馬借203
TEL:093-777-8222
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

乳がんやウィッグなどの用品についての情報を発信しています

がんや乳がんの方へ、ウィッグ・専用下着などの情報を北九州よりお贈りしています。
また、乳がんに関する相談事例やウィッグ等のケア用品をご紹介させていただきますので、北九州の近辺にお住いの方で無い方で直接にお会いする事が難しい方であっても、情報発信という手段でサポート出来れば幸いです。