00_toptitle_01.jpg

01_title_01.gif

2019年03月13日

3月16日開催・乳がん市民公開講座(福岡市)

3月16日(土) 13:30~16:30 福岡市のエルガーラホール7F 中ホールにて乳がん市民公開講座が開催されます。

北九州市立医療センター 元院長の光山昌珠先生とJCHO久留米総合病院院長の田中眞紀先生の司会で、北九州市立医療センター 腫瘍内科主任部長の若松信一先生による乳がん治療、薬物療法の最近の話題など「より美しく、自分らしく生きる!~ともに歩む再発乳がん治療~」をテーマに講座が開かれます。

当日講演を聞きに行って参ります。

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:〒805-0034
福岡県北九州市八幡東区清田1-8-31
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

2019年03月18日

北九州市立医療センター市民公開講座「乳がん婦人科がんについて知っていますか?」

5781E977-8E3E-4798-AAD4-C40D7C4944AD

818CAB6F-E4C7-4358-90F5-F301506A9477

3月9日に北九州市立商工貿易会館で開催された北九州市立医療センター主催の市民公開講座「乳がん婦人科がんについて知っていますか?」に参加してきました!

遺伝性乳がん・卵巣がん症候群について、北九州市立医療センターの外科部長 齋村道代先生による講座がありましたがその中で特に皆さんが気にされている遺伝と乳がんにかかる可能性についてお伝えします。

Q.(病的変異のある)遺伝子は必ず子どもに受け継がれるの?
A.必ず受け継がれるわけではありませんが、可能性はあります。
人間はほとんどの遺伝子を2つ1組で持っていて、父親から1つ、母親から1つ受け継いでいます。
親のどちらかが病的変異のある遺伝子を持っている場合、その変異が子供に受け継がれる確率は性別にかかわりなく50%となります。

Q.(生涯で)乳がんにかかる可能性はどのくらい?
A.家族歴や遺伝性乳がん卵巣がんを持っているかどうかで変わります。

一般の方 9%
乳がんの家族歴が見られる方 18~36%※①
遺伝性乳がん卵巣がんの遺伝子変異がある方 41~90%

※①母親または兄弟姉妹に乳がんの病歴がある場合にはそうでない方に比べると乳がんにかかる可能性が高いと言われています。

乳がんにかかる可能性が高い方は若い年齢から定期的に乳がん検診を受けることが望ましいといわれています。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
サロン・ド・ルピエ
住所:福岡県北九州市小倉北区馬借3-4-7
FORZA馬借203
TEL:093-777-8222

通販・ネットショッピングはこちら
https://lepied.theshop.jp/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

乳がんやウィッグなどの用品についての情報を発信しています

がんや乳がんの方へ、ウィッグ・専用下着などの情報を北九州よりお贈りしています。
また、乳がんに関する相談事例やウィッグ等のケア用品をご紹介させていただきますので、北九州の近辺にお住いの方で無い方で直接にお会いする事が難しい方であっても、情報発信という手段でサポート出来れば幸いです。